お知らせ/おおるりペットクリニック〜犬・猫・ウサギ・小鳥の動物病院/栃木県矢板市

ブログ

保護された野ウサギの子

0
    今年の8月下旬に一匹の野ウサギの子供が保護され、当院に連れてこられました。工場内に迷い込んだとのことで、親を探すこともできず、このままでは死んでしまうので、自然復帰ができるまで、必要な手続きを行った後、当院と栃木県県民の森で飼育することになりました。保護された時の体重は98gで生後約3週間と推定し、点滴と保温の後、ミルクで飼育を開始しました。保護された子ウサギは途中で死んでしまうことが多いのですが、今回はすくすくと育ち、1か月で558g、1.5ヵ月で900gまで成長しました。この時点で完全に離乳し、通常のウサギの食事が可能となりました。このまま順調に育てば、来年の春には山に返すことが可能と思われます。

    保護2日目
    保護されて2日目 体重106g

    保護8日目


    保護されて8日目 体重150g

    保護12日目
    保護されて12日目 体重180g


    保護15日目
    保護されて15日目 体重210g

    保護45日目

    保護されて45日目 体重800g

    保護49日目

    保護されて49日目 体重960g

    傷病野生鳥獣の保護に関しては、様々な意見があることは皆さんもご存じと思いますが、私の個人的な意見は、「積極的に推奨はしないが、保護したものについては対応する。」というものです。厳しい自然界において、負傷したり、病気になった野生鳥獣にとって、心優しい人に保護されることは、宝くじに当たったようなものです。それを、本来の野生のあるべき姿ではないという理由で取り上げるのは、ちょっと理不尽な気がします。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    search this site.

    others

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM