お知らせ/おおるりペットクリニック〜犬・猫・ウサギ・小鳥の動物病院/栃木県矢板市

ブログ

定期健診中の血液検査

0
     

    病院の待合室でよく「定期的に健康診断をしましょう」と書いてあるのを見かけますが、その中には必ずと言って良いほど血液検査が入っています。では、血液検査はなぜ大切なのか、また血液検査で何がわかるのでしょうか。そこで今回は、血液検査について考えてみたいと思います。

    一口に血液検査といっても、その中には多くの項目があり、それらを測定することによって、肝臓や腎臓などの内臓の状態や、貧血や全身性の炎症があるかどうか等がわかります。例えば、肝臓が悪くなると、食欲低下や吐き気、腎臓が悪くなると、飲水量や尿の増加などの症状が出てきます。これらの症状は、ある程度病気が進行してから出てくるため、これらの症状に気付いた時には、病気はかなり進行しています。では病気を早期発見するためにはどうすれば良いのでしょうか? 答えは定期健診です。中でも血液中には様々な病気のサインが早期に出てくることが多く、そのことが、血液検査が病気の早期発見には欠くことのできない検査となっている理由です。動物たちは人と比べて年を取るのが速く、犬や猫は人の4倍、ウサギは7倍の速さで歳をとっていきます。それだけ体調の変化、病気の進行も速いので、病気の早期発見のためには、人以上に定期的な健康チェックが大切です。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    search this site.

    others

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM